四月の図書館

ブログです

津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー』

前回ブログを書いてからもう5ヶ月も経っていて本当に何もしていないのに時間が経つのが早すぎる。この間にあったことといえば引越しをしたことくらい。

前のアパートから徒歩10分ほどのところに移動しただけなので、特に周りの景色が大きく変化するわけでも路線が変わるわけでもないので新鮮味はあまりないですね。部屋の間取りもほぼ同じだし。

 

この引越しでお金をかなり出費したので、いい機会だし物を減らす目的とお小遣い稼ぎのためにCDを大量に売った。150枚くらいかなぁ。

上京してから田舎では考えられない品揃えの良さとアングラな世界に足を踏み入れた感でディスクユニオンで大量に買ったCDたち(本当にアングラな人はディスクユニオンに行くのだろうか)をほとんど売ってしまった。

中学1年生の時の期末テストか何かで50位以内に入れたら買ってやるって父親に言われて(確か最初の順位が100位以下くらいだったバス)、買ってもらい現在まで使い続けていたCDコンポも捨ててしまいました。

売るものと残すものを選ぶとき、結局残ったものは中学、高校の時に買ったものがほとんどで、大学生になってからのCDは買ってからそんなに時間が経ってないという理由で売るのをためらったものばかり。逆にいうと中、高で買ったものはどうしても思入れがあって手放せないのです。ノスタルジーが邪魔してくるのだ。

去年めちゃくちゃハマってずっと聞いていたnever young beachよりも今じゃ全然聞かないBAWDIESのCDは未だに手元にあるということです。

一年だけだけどタワレコでバイトとかして音楽にちょっと詳しくなったような気がしてたんですが、どうしたってやっぱり10代の頃の熱量には敵わないなぁと実感しました。

 

この前ふと最寄駅の本屋に入ったら『ミュージック・ブレス・ユー』という小説の文庫本が売られていました。

 

 

この小説は中学3年の時に読んだのですが、その時に大変感銘というか、衝撃というか、とにかくこの主人公のアザミという少女がほぼ自分だったので、何回も繰り返し読んだ思い出の一冊なのです。高校受験のときに試験会場にお守り、というか緊張を和らげるための安定剤として持って行ったほどです。

 

 友達は少なくて勉強ができなくて、男子生徒からはからっきしモテなくて、音楽だけが心のよりどころ。

このアザミという少女(高校三年生)の音楽に対する考え方というか、それに対するモチベーションがとにかく人並みではない。一番分かりやすい事例を出すと、毎日、その日に聞いた曲名をノートにメモして五段階の星マークで評価をつけているのです。

もちろん同じ曲を書き込むことは何度もあって、聞いたときの気分やその日の出来事によって曲の感じ方も変わってくるのだと彼女は言う。

本当に馬鹿みたいで恥ずかしい作業であるこのノートを唯一の友達のチユキに見せたところ「一種の病気やな」的な言葉をもらっていた。(今手元にこの本がないので正確なセリフは分かりません)

アザミの高校生活と音楽の話のみで構成させている内容で大きな展開などな特になく、だらだらと物語は続いていきます。

親友のチユキが言うようにアザミにとって音楽は現実からトリップできるドラックのようなもので、それをやっている間だけは、アザミは西海岸かどっかの浜辺で女の子に振られたみたいな顔をしてくしゃくしゃのハーフパンツのポケットに手を突っ込みながらふてくされて歩いているの少年になった気分になるのだ。(こんな表現があった)。

「ここじゃないどこか」にトリップできるというのは割と多くの人が経験があると思うのですが、「自分じゃない誰か」になる(なりたい)というのは、たぶんアザミのような(そして私のような)自分に対してコンプレックスを抱えた人じゃないと陥らない感覚なのではないかと思います。大好きな音楽を聴いている時ですら他人になりたいなんて思うってかなりネガティブなんじゃないかって最近になって気がついた。

音楽に頼らなきゃどうしようもないくらい現実の世界がつらいとか、生きていくもの大変な毎日ではなくて、でも小さい悩みや不安は常にあって、大きな障害になるほど周りと歩幅を合わせて進めないわけではない(現に大学進学するような高校に入学できているしパン屋のバイトもしている)けれども、「普通」よりは確実に劣っていて、何をするにも不器用。それがこの主人公のアザミという人物なのですが、音楽やカルチャー好きの、たぶんいわゆるサブカルっていわれる人々(もちろん自分も含めて)はこれに当てはまっている人が大多数なんじゃないかって思うのです。

他人から見たら全然普通なのに、自分だけはどこかみんなと違うんじゃないかっていう不安と、反対に個性的な自分というやっかいな自信もついてしまった。そのめんどくさい沼から抜け出せない私のような人間にグサッと刺さるのがアザミの生き方なのです。

自分の写し鏡のようで恥ずかしくて、目を伏せたくなるくらいのオタクっぷり。

でもこれほどのエネルギーってやっぱり10代のときじゃないと出せないのだなって、今回自分の持っているCDとこの小説を思い出して改めて実感したのです。

この10代の恥ずかしさに伴う煌めきや美しさを表現してる音楽や映画や小説にわけもなく泣いてしまうようになって、抗ってはいても自分も大人になったんだなって気がついたし、悪くもないなと思うようになりました。

 

 

石指拓朗「緑町」

 

この夏聞いたCD、最後はこちら

 

 

石指拓朗さんの「緑町」というアルバムです。

過去3つの日記からも分かるように、私の今年の夏はENJOY MUSIC CLUBのみで構成されていると言って良いんですけれども、この石指さんも、8月に行われたEMCのライブに出演されていてそこで初めて知りました。

このライブでは3曲しかやらなかったんですが、全ての曲が本当に素晴らしくて、一瞬で好きになってしまいました。

こんなフォーク歌う人が2016年に存在していて、しかも生で聞けてるってスゴい嬉しくて感動すらありました。

高田渡とか、岡林信康とかが好きな私なので、彼の存在を無視するわけにはいかない、というか今まで知らなかったのが恥ずかしいくらいです。

昔のフォークをなぞってるだけでは決してなくて、EMCと同じで"今"を切り取った歌が多い。懐かしくて、日本人ならノスタルジーを感じずにはいられないというフォークがそこにはあるんですが、決して古くない。

70年代に生まれたかったなぁなんてもう思わなくていいんだ、だって2016年には石指拓朗がいるし、ってそういっちゃいたくなるくらい。

なんてったってめちゃくちゃギターと歌が上手いのと、すごく惹きつけられる声をしている。アコースティックギター一本で歌うスタイルの人は本当にたくさんいるけど、彼ほど一瞬で魅了されたのは初めてかもしれない。

彼が他と一線を画していると感じるのはやっぱり、フォークへの並々ならぬ愛が伝わってくるからじゃないでしょうか。というかたぶん、こんなに素直にフォークが好きで自分もそれをやりたいと思っている人ってそんなにいないんじゃないかな。

たとえば最近で言ったらnever young beachが高田渡の自転車に乗ってをカバーしていたりするけど、彼らは正真正銘のロックバンドだし。

アコギ一本の弾き語りをしているほとんどの人はシンガーソングライターって呼ばれて、フォークシンガーなんて言葉はもうなくなりかけている気がします。

そんな中まっすぐにフォークと向き合ってる石指さんの歌は、嘘がなくて、そっと生活に寄り添ってくれる優しさがあります。

 普段はライブとかコンサートにはあまり足を運ばないほうなんですが、石指さんのことを知ったばかりですが、先月の新宿で行われたライブにも行ってしまいました。

このライブは国宝太郎さんという方の三周年記念ということで毎年二人でおこなっているライブだそうです。この国宝太郎さんも本当に素晴らしいフォークシンガーで彼についてもまた今度書きたいと思います。

 

今年の夏を彩ってくれた音楽の主な三つを書きました。

もうすっかり10月で肌寒くなってきましたが、夏を思い出してもう一度聞いてみようと思います。

 

 

江本祐介「ライトブルー」

 

この夏めっちゃ聞いた音楽、2つ目は江本祐介さんの「ライトブルー」です

 

f:id:nannimoshinai:20160920094036j:image


これはENJOY MUSIC CLUB(EMC)のメンバー、Eさんのソロ作品の7インチで、EさんはEMCのあの最高なメロディを生み出してるトラックメイカー。あと歌声がオザケンに似てる!ってことでずっと気になってて、そんな彼がソロで曲を出す、しかもB面はオザケンのぼくらが旅に出る理由のカバーという事を知り、ソッコーで買いに行きました。

7月の初めのほう(日にちは覚えてない)に夏を先取って発売されました。

 

A面のライトブルー、とにかくもう、キラッキラな青春

10代の、もう存在してるだけで輝いてる男の子と女の子の美しさをギュッと集めたような一曲なんです

 青春てワードだけで泣けてきちゃう私としてはたまらんわけです

たくさんの青春ものの映画やドラマ、小説、音楽がありますが、そこに出てくる人はみんな片思いをしてる。そして誰よりも1番輝いてて美しい、まさに青春の輝きとは彼らのことなのでは?とさえ思ちゃうのです

 リンダリンダリンダのドラムの女の子とか、ウォールフラワーの主人公とか、ドラマ未成年のいしだ壱成とか、檸檬のころの音楽好きの女の子とか銀杏BOYZの楽曲そのものとか、、

 誰かに片思いしてて、かっこ悪くて、情けなくてでも愛さずにはいられないキャラって脇役であっても主人公以上に輝いているってことが本当にたくさんある

そしてこのライトブルーもこんな彼らと同じキラキラを持ち合わせていて、 この曲が流れるだけでその場が一気に青春の香りに包まれるようなそんな力がある気がします

 

  あの瞬間時は止まった強めの魔法にかかったみたい

 

ここの歌詞は、まさにこの曲を表している1行だなって思います

恋に落ちた瞬間も、素敵な音楽が流れた瞬間も、そんな時はいつだって私たちは強めの魔法にかかっちゃうんです

 

B面のぼくらが旅にでる理由は、言わずと知れた小沢健二の代表曲とも言える一曲のカバーですね

EMCで最初江本さんの声を聞いた時はオザケンに声似てんなぁ〜って思ったけど、こうしてみるとそうでもないなって(笑)

原曲だと

 

  誰もみな手をふってはしばし別れる

 

ってところの歌詞も、こんなに遠く離れていても愛はまた深まっていくのさっていうポジティブさが前面に出てくるんだけど、江本さんが歌うとどこか寂しさが漂っていて、センチメンタルさも感じてしまう仕上がりです

 

ちなみにCDでは発売していないですが、音源がパソコンで聞けるダウンロードコードも付いているので、レコードプレーヤーがない人でも聞けちゃうのが、また有難いところとなっております!!

 

 

 

ENJOY MUSIC CLUB 「Summer Magic」

 

基本的にというか毎日家に引きこもってテレビを見る生活をしています。

そのため、外の気温の変化とかあまり分かっていなくて、先週久しぶりにサークルの集まりがあり、そのときにアロハシャツを着て行ったらみんなに「もう秋だよ」の一言をもらい、半分くらいの子は長袖を着ていて凄い驚いた。

完全に夏が終わりに近づいている...

9月いっぱいまでは3枚あるアロハシャツの着回しでいけると思っていたのに..

 

そしてもう終わりを迎えようとしているこの夏に、とにかく、めっちゃ聞いた音楽を発表したい

この夏に新しく買ったやつ限定です

 

ひとつ目がこれ

 

f:id:nannimoshinai:20160919213700j:image

 

ひとつ前の記事でも書いたENJOY MUSIC CLUBです

8月13日のライブに行った時に発売されてその場で買いました。

タイトルは「Summer Magic」で3曲入りEPです

1曲目のFRESH!!! はタイトル通りでチョー爽やかな夏の曲

これを聞きながら街へ繰り出してもいいし、みんなでドライブしながら流してもいいし、バーベキューとか海とか、これから遊ぶぞーーっていうワクワクがめちゃくちゃ詰まってる

2曲目の夏の魔法はFRESH!!!が夏の始まりなら、夏の終わりの曲

夏の終わりはいつだってセンチメンタルじゃん、っていう毎年訪れるなんとも言えないあの感じ。いろんな事を思い出しながら、夏の魔法がだんだん解けていくの分かるからちょっと切なくなっちゃうんだろうなぁ

3曲目はTaylor Swiftの新しいMixバージョンで、こっちのほう聞きすぎて「FOREVER」に入ってるやつのアレンジ忘れちゃったな笑

 

今聞かないでいつ聞くんだと言わんばかりの、急ピッチでこの夏のためにつくられたような3曲入りシングル、皆さんも夏が完全に終わる前に是非!

 

 

ENJOY MUSIC CLUB 「FOREVER」

 

本当に毎日聞いてるっていうか、1日に何回も繰り返し聞いちゃうレベル
Twitterでエンジョイ・ミュージック・クラブまじ最高〜みたいなツイートを週5でしたくなるレベル

 

そんなレベルで聞いているENJOY MUSIC CLUBという3人組ラップグループのアルバム『FOREVER』

 

去年の12月くらいに新宿のタワーレコードに行ったら、たまたま「クリスマスをしようよ」がかかっていて、ダサいのか良いのか分からない女性のふんわりしたラップっぽいものとサビのメロディがやたらいいというところに惹かれて、目当てのCDを探すどころではなくなってしまい、「今流れてるやつなんですか」なんて店員さんに聞いちゃって試聴してみたら(確か最初の3曲くらい)え、めっちゃ良くね!?!?ってなってCDを即買いしたのが最初の出会いです。

 

ENJOY MUSIC CLUB

 

曲の感じは簡単に言うとユルいラップと超ポップで底抜けに明るいメロディ

スチャダラパーみたいな感じってい言ったらまあそうなんだけれども、それを言うなら今夜はブギーバック(nice vocal)的な3人組だなぁっていう印象です。

スチャダラパーfeaturing小沢健二じゃなくて

小沢健二featuringスチャダラパーって感じ?

クチロロを知ってる人だったら2枚目のアルバムみたいな感じ!!って伝えたいです..

 

 本格的なヒップホップでは全然なくて、「ラップはやってみたいけど、メロディはポップにいきたい、なぜならみんなに聞いて欲しいから!」って感じがひしひしと伝わってくるのです。

 

兎にも角にも彼らの全てがツボでなんでこんなに虜になってしまったのか。

歌詞カードのスペシャルサンクス欄みたら、なんかすごく理解できた気がします。

 

 f:id:nannimoshinai:20160819223600j:image

 

これメンバーそれぞれのスペシャルサンクスを1行ずつあけて書いてあるんですけど(最後に書いてあるのがメンバーの名前のハズ。上からEさんMさんCさんのハズ)

 

私も大瀧詠一オザケンフィッシュマンズすごい好きで、EMCのメロディが好きなのはこういうEさんが影響受けたところからたぶん来てるし、あとなにより彼の声が最高なんです。凄く人を惹きつけるボーカルだなぁってしみじみ思う。ソロで出すって知ったとき即買いしましたもの。

 

Mさんの所に書いてある、鉄工所ラップ!これマジわかる!ってテンションあがっちゃった。わかるなぁ、私もあらびき団を見ててすごいラップやりたくなったもんなぁ。いまだにユーチューブで何回も見るし。EMCのラップって言っていいのか分からない感じはこれとすごい共通点感じて、素人が始めちゃったけどなんか聞いてて心地いいっていうのがこれと同じものを持っているのだと思います。

 

彼らの楽曲の歌詞の中には色んな固有名詞がちりばめられてて、「トーフビーツ」とか「ドリカム」とか「ゴリラーマン」とか「アベンジャーズ」とか「ツイッター」とか、それらのチョイスの普通さというか、変に格好つけてないとろがすごく親しみを持てて、たまたまその時聞いてたから、読んでたからっていうくらいの軽い感じ、みんなも好きでしょ?的な。

だからCさんのところに書いてるめちゃイケとかウリナリとかそういう普通にみんなが見てるバラエティ番組も見るし、音楽もマンガも変にひねくれないで受け取ってるってところの影響はかなり彼らを構成しているものの中ですごく大きく反映していると思うのです。この一貫してある普遍的で家族みんなで聞けちゃうような仕上がりになっている軸はここにあるのだなと。

 なんかラップ最近流行ってるぽいし、俺らもやってみようぜって始めて、 運良くめっちゃいいトラックメーカー捕まえたっていう感じ。

 そういうノリの曲がほとんどで、とにかく楽しませようっていうものしかない。たぶんこれはワザとそうしているんだと思う。そうじゃなきゃENJOY MUSIC CLUBなんていうグループ名、思いついてもつけられないですもん。

だから大瀧詠一好きでお笑い好きでバックトゥザフューチャー好きな私がこんなに彼らにハマってるのはどうしようもない必然らしい..

 

SNSの流行でネットストーカーなるものが近頃たくさんいますが、この日記、私のスペシャルサンクスストーカーっぷりが凄くて自分で気持ち悪い ですね。

普通こういうブログって歌詞とか引用してアレコレ書いてみたりするのが定番なのに。

恥ずかしいです。

 ツイッターばかりやっていて、なんとなく長い文章を書いてみたくなってブログを始めたらこんな方向に進むとは思いませんでしたが、とにかく最近の私はENJOY MUSIC CLUBに毎日を明るくさせられています。

 

吉祥寺の武蔵野公会堂のライブも行ったしLPも新しいCDも買っちゃいました。

あとFOREVERのボーナストラックに誰も気づいてないってユーチューブに曲をあげていたけど、私はダウンロードしていたよと伝えたい!笑