四月の図書館

ブログです

2017年5月29日

ヤンキー漫画読みたいと思い立って「今日から俺は!!」の全巻セットを買って読んでる。今17巻。

連載が始まったのが1993年で自分が生まれる前だと知って驚いてる。今読んでおくべき作品はもっとあるはずなのに、なぜこういうみんなが忘れかけているのばかり買ってしまうんだろう。懐かしいという思入れもないし。でも面白すぎる。

引っ越しをするときに断捨離で漫画を売って減った減ったーって喜んでたのに、二か月足らずでもう引っ越し以前よりも増えている。あほみたい。地元から上京するときは新刊集めてるやつとお気に入り(幽遊白書とか刃牙シリーズとか)だけでもう十分とか思ってたのに。というか大学生になってから漫画に対する熱量が増えたような気がする。でも漫画好きって言ってもこんな古いのばっかり読んでるから、オタサーに入っていたのにも関わらず話し合える友達が出来なかったの普通に悲しすぎる。

リアルタイムなものにもついてかなきゃということで、これから映画が公開される「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」を急いで買って読んだけど、そこまでのアレはなかったし、チョイスがズレてるのかもしれない。あと2巻くらいのボリュームがあればもっとよかったような気がする。

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:15177528:detail]

f:id:nannimoshinai:20170529151110j:plain

モテキもそうだけど、登場人物が完全に自分側の人間であっても内容がありきたりな恋愛モノだとどうしても興味がないんだと実感してる。

そのあと「恋の門」を買って読んで、いや、これやん、オタクと恋愛ってこれ、絶対にこれだーって一人で感動してた。続編の「恋と問」もはやく続き出してほしい。